大型免許の基礎知識

普通車・中型車・大型車 大きさによる車両の特性

「中型車・大型車といってもちょっとクルマが大きいだけだから、慣れれば運転なんか簡単だよ(^-^)/」

と思っている方はいませんか?

大きさの違いや各車両の特性によって、それぞれ運転操作は異なります。
教習を開始する際にはよく理解して進めましょう♪
合宿免許でも通学教習でも最短で卒業できるよう頑張りましょう。

line

普通車・中型車・大型車 大きさによる車両の特性

普通車・中型車・大型車を大きさ順に並べてみました。運転席からの見え方はもちろん、操作方法が違うので、
普通車の運転方法そのままで中型・大型の運転を始めると危険ですよ!

手前から普通車、中型車、大型車の各教習車両

教習車両として定められている具体的な大きさは以下の図となります。

赤が大型車、青が中型車です。(※車体サイズは一例です)大型一種の新しい教習車両のサイズ比較

line

死角への対応

ミラー

車両側方の死角への対応
@死角(運転席から見えない部分)を確認する
Aミラーで、見える部分を確認する
(左上)アンダーミラー
(右上)サイドアンダーミラー
(左下)左サイドミラー
(右下)右サイドミラー

車両後方の死角への対応
サイドミラーで見えない部分に注意する。
特に後方直近はバックモニターでしか見えないので注意!

line

車高感覚の把握のしかた

車高感覚の把握のしかた

空荷時(荷物を積んでいないとき)と積載時の
車高の違いをつかむ

荷物を積んでいるときは、その分、荷台の車高が高くなっています。
この感覚を覚えるようにしましょう。

ガード下や高さ制限のある場所での通過を想定して
車高感覚をつかむ

高さ調整ができるバーなどの下を通過して、
車高感覚をつかむ練習をしましょう。

line

平積み型・パネル型

荷台には種類があり、一般的に荷台だけを備えたクルマを「平積み型」、荷台が箱状のクルマをパネル型といいます。
平積み型とパネル型では、後方視界に違いがあります。

手前から普通車、中型車、大型車の各教習車両

前方距離感覚

前方距離感覚

大型車は普通車より運転席が高いので、視点が高くなります。
そのため路面がよく見え、実際よりも車間距離が広く感じられるので、
前車に近づきすぎないように注意します。

比べてみると運転席の高さが違うことがよくわかりますね。

line

内輪差の把握と対応

大型車の内輪差は約2.5mもあり、普通車と大きく違います。
交差点やカーブでは巻き込み事故などを起こさないように内輪差を意識して運転します。
内輪差とともに、リアオーバーハングによる車体後端のはみ出しにも注意が必要です。

内輪差の把握と対応
line

合宿免許ダイレクト「大型免許の基礎知識」ページ

「合宿免許ダイレクトの大型免許の基礎知識をご紹介。新しくなった運転免許制度を知ろう!」
免許合宿・通学教習所のことなら合宿免許ダイレクト!教習所直営なので安心、激安価格でご利用いただけます。
京都・神戸・広島・岡山・福岡・千葉・神奈川などの各方面で、格安の合宿免許プランをご紹介!
気になるエリアを網羅した総合パンフレットも即日発送で無料送付致します!